カテゴリ:お店の記録( 52 )

口 編み物ワークショップでした 口 2016/9/9

本日、8日。
オーガニックコットンで編むミニポーチのワークショップが開催されました。
お店としては初のワークショップ、どうなるか楽しみでしたが、その楽しみ通り楽しい一日となりました。
 
c0201526_23252549.jpg
c0201526_23253282.jpg
c0201526_23254822.jpg
c0201526_23255755.jpg
c0201526_2326855.jpg
c0201526_23261550.jpg
c0201526_23262271.jpg

 
綿から糸を紡いでいく。その糸で編む。
今回は綿から糸への工程は熱湯で茹でたり干したりする時間がとれない為
講師の香取さんにあらかじめやっていただき、紡ぐ体験を少しと編む事がメインとなって
進んでいきました。
 
皆さん、静かに黙々と編むのかな・・・おしゃべりしながら編むのかな・・・
予想しておりましたが、後者でした。
厨房にはとにかく楽しそうな笑い声が聞こえてきます。一週間分は笑っていたのではないでしょうか。
 
昼時間にごはんをはさみます。
ごはんを出し終えたあとに献立の説明を一つずつ行いました。普段の営業ではなかなかする機会が
ないので、自分が作っている定食を少し客観的に見えた気がします。
質問も頂き、料理を通して対話できた事が新鮮で嬉しくもありました。
 
今回は編み物経験者の方が多かったようで、隣近所で教えあいながら笑いながら編んでいました。
完成したポーチの出来は皆さん素晴らしくモフモフしておりました。
 
初のワークショップ、次に向けて改善点は多々ありますが、今はそれにお付き合い頂いた皆様に感謝するばかりです。
本当に楽しく時間を過ごされていたようで、その空間にいた自分達スタッフもとても楽しい時間を過ごす事ができました。
 
講師の香取さんとはすでに第二弾を企んでいますので、次の機会もどうぞよろしくお願い致します。
 
 
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com
[PR]
by takeogohan | 2016-02-08 23:43 | お店の記録

口 お弁当 口 2016/1/30

今日はお店を始めてから初となるお弁当を作りました。
 
c0201526_2318247.jpg

普段お出ししている野菜定食をベースにして献立を考え、お弁当箱という限られた空間へ
盛り付けをしていきます。
「フラココでも、お弁当を作らせてもらったな~」と想いながら、師匠から教わったあんなコツや
こんなコツを思い巡らせ完成です。
  
営業後、お弁当を注文して下さった方とお話した際に「皆さん大喜びでしたよ」とのお言葉を頂き
ホッとしました。
 
たまにはお弁当も良いな~と女房とも話しています。
 
c0201526_23281987.jpg


お弁当の献立
 
・みやもと山さんの玄米ごはん、ゴマ塩、自家製ツナの海苔ねぎマヨ
・塩麹のスープ、熱田農園さんの九条葱
・ゴマ豆腐、ぬか漬け、福神漬け
・小糸在来大豆の厚焼き、豆腐マヨネーズ、人参ペースト、里芋チップ
・菊芋とゴボウのかき揚げ、トマト酒粕ディップ、飴色たまねぎ味噌、人参フライ
・みやもと山さんの卵で出し巻き
・ゴボウのバルサミコ煮
・切り干し大根とホウレン草のペペロンチーノ
・グリル鶏団子とガンモドキ、揚げ根菜、葛あんかけ
・旬菜のサラダ、陽だまり農園さんの人参でドレッシング
   
 
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com
[PR]
by takeogohan | 2016-01-30 23:36 | お店の記録

口 玄米餅つきの会でした 口 2016/1/25

先日、開催された「玄米餅つきの会2016」。
お店で使わせてもらっているお米、たまご、味噌、塩麹、玄米糀などなどを作っている
みやもと山さんにお餅つきをお願いしました。
 
c0201526_22401767.jpg

薪でパチパチともち米を蒸します。
 
c0201526_22415826.jpg

蒸している間に、みやもと山のお母さんフミちゃんによる語り。
ちなみにフミちゃんの語りは毎週木曜日の13時頃に運が良ければ聴く事ができます!
(仕事などでフミちゃんが来られない日もあります)
  
c0201526_22451666.jpg

さぁ、お米が蒸しあがりました。
コネコネこねこね・・・こねてからぺったん!ぺったん!
 
c0201526_22462555.jpg

子供たちは列を成しペッタンぺったん。
 
c0201526_2248181.jpg

この日のお餅のトッピングは~・・・
 
・10種スパイスの根菜カレー
・鶏そぼろと卵そぼろ(みやもと山さんの卵を使用)
・炒り豆腐の葛あんかけ
・大根おろしと柚子ポン酢(陽だまり農園さんの大根や野菜を使用)
・豚汁(みやもと山さんの味噌、熱田農園さんの味噌と野菜を使用)
 
あと、カレーもあったのでおまけで福神漬けも作りました。 
子供が多かったのもあってか、カレーと豚汁のおかわりが沢山でまして、嬉しかったです。
 
c0201526_22552497.jpg

皆で餅をつき、皆で餅を食べた後、YOSのライブが催されました。
 
「Y」山根氏。映像とレモネードの小商い「WILD LEMON」のディレクター。
「O」太田氏。たけおごはんで野菜を使わせてもらっている「陽だまり農園」の農家さん。
「S」斉藤氏。今回お餅つきをお願いした「みやもと山」、たけおごはんでお米や卵などを使わせてもらっています。
 
今回、山根さんは仕事で来られなかったので、太田さんと斎藤さんの二人での演奏となりました。
皆さんそれぞれの聴き方でその時間を過ごしていました。自分は7ヶ月になる娘を抱っこしながら聴いて、
演奏が終わる頃には娘は寝ていました。
 
c0201526_2310233.jpg

今回、天気は曇り、寒い一日となり考え方によっては絶好の餅つき日和となりました。
そんな寒いなか、沢山の方々にお越し頂けた事に感謝するばかりです。
 
 
今年も来年までお店を続けられるよう精進いたします。
どうぞよろしくお願い致します。
 
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com
  
 
 
 
 
[PR]
by takeogohan | 2016-01-25 23:14 | お店の記録

口 2015年、年末 口 2015/12/31

c0201526_2023141.jpg

鏡餅はお店で使う野菜を作ってくれている熱田農園さんに作っていただきました。
  
 
2015年から2016年へ、もうすぐです。
今年も沢山の方々に支えられ営業する事ができました。
ありがとうございます。
 
お店は1月1日~3日も通常通り営業致します。
年始の3日間に限り、定食をご注文の方に
雑穀玄米甘酒(菌生きてます)とささやかな一品をおまけ致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。 
 
ラヂオで紅白歌合戦を聴きながら、また仕込みに入ります。
 
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com
 
 
 
 
 
 
[PR]
by takeogohan | 2015-12-31 20:24 | お店の記録

口 山のおんぶ2015 口 2015/10/28

c0201526_18235213.jpg

 
先日の25日、さんぶの森公園にて催された「山のおんぶ2015」に参加させて頂きました。
事前の天気予報も良い具合、初参加という事で未知な緊張もあってか、かなり気合が入っていました。
当日のメニュー数はブログでお伝えしていたものよりかなり数を絞っての出店となり、楽しみにして
頂いていた方には大変申し訳なく思っております。
  
いつもイベント出店時に心がけている事は「目指せ、おかわり」。
ライスヌードルやサブジをおかわりして頂けた方が何人かいらっしゃって、とても嬉しかったです。
特にライスヌードルは皆様スープの出汁に何が入っていたか沢山の方に聞かれたのですが、
答え切れなかった事が多かったので、ここに記しておこうと思います。
 
鶏がら
昆布
たまねぎ
生姜
椎茸
にんいく
ねぎ
煮干
かつお節
宗田節
さば節
貝柱
干しえび
八角
スルメ
 
以上の材料から取った出汁でした!
 
寸胴鍋のフタをあける時に香る出汁。周りにいたお客様から「良い香り~」と囁きが耳に入ってくる度に
ニヤリとしていました。
 
今回はお店のディスプレイにまで中々頭が回りきらず、ライスヌードルがあった事がわからずに、
ブースを素通りしてしまった方もいらっしゃったと思います、「次回はディスプレイにも、もっと気を使わねば!」
と、周りの出店者さん達にも相談して回っていました。相談に乗って下さった方々、有難うございました。
 
今回、自分はお店のブースからほとんど外へは行けていませんが、歩いている方々の顔を見ると
この催しがいかに楽しい時間であるかが感じ取ることができました。それはお客さんだけでなく、出店者の方々、スタッフの方々にも言えます。
この場所、この時間を過ごしている皆が共有しているモノだと想いました。
 
また来年もお誘い頂けたら有り難いな~と公に密かに思っております。
山のおんぶ2015、有難うございました。
 
 
 
  
スタッフ募集中です。詳しくはこちら
http://takeogohan.exblog.jp/24720679/
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com
[PR]
by takeogohan | 2015-10-28 18:36 | お店の記録

口 梅ジュース 口 2015/7/13

c0201526_15482817.jpg

 
庭先の梅で仕込んだジュースが出来ました。よろしくお願いします。
 
----
たけおごはん
千葉県匝瑳市生尾114-2
0479-74-8488
http://www.takeogohan.com 
[PR]
by takeogohan | 2015-07-13 15:50 | お店の記録

口 献立の決め方 口 2015/4/8

c0201526_20402372.jpg


きゃべつ
人参
さつま芋
あやめ雪かぶ
九条葱
春菊
小松菜
菜花
ルッコラ
水菜

ある日、熱田農園さんから届いた野菜ボックスの中身です。

きゃべつはサッと湯通ししてサラダに。
人参はスープやペーストに。
さつま芋はかきあげやスープに。
あやめ雪かぶは薄く切ってサラダの彩りに。
九条葱はスープの薬味や玉子焼きの具に。
春菊はお浸しや生のままサラダに。
小松菜はお浸しや小鉢の付け合せに。
菜花は和え物や小鉢の主役に。
ルッコラは生のままサラダに
水菜は湯通しして小鉢の飾りやお浸しに。

お店ではこんな具合に調理しました。

いつも献立はある程度決めてはいますが、盛り付けなどなど、その一品がしっかりと決まるのは野菜ボックスの箱を開けてから。
最初から「こうだ!」と献立を決めてしまうと、それを作る為に必要な材料を揃えるのは大変です。

" 材料から考える献立 "  をオススメ致します。

スーパーに行けば色んな野菜が一年を通して手に入ります、故に家の食卓を担う多くの方にとって、日々の献立を考える事は大変だと感じています。
それに比べ野菜ボックスの内容はその季節によって様々に変わるので、材料から献立を決める事をすれば、迷う事が少なくなると思っています。

この献立の決め方をおすすめする理由はもう一つ!それは箱をあけた時、季節を感じる事ができるのです。



熱田農園さんフェイスブックページ
https://www.facebook.com/atsutafarm?pnref=lhc




--------------
たけおごはん
0479-74-8488
 
[PR]
by takeogohan | 2015-04-08 21:18 | お店の記録

口 お蔵フェスタでした。 口 2015/3/17

3月15日(日)、お蔵フェスタに参加させて頂きました。

c0201526_22365451.jpg


当日のメニューは
・三種の玄米ドライカレー
(菊芋と人参の味噌カレー)
(春菊と甘酒のカレー)
(豚そぼろと酒粕のカレー)

・塩麹スープ

・ちぎりシフォン

・ロールケーキ

・陽だまり農園さんの人参でドレッシング

品物を召し上がって、「美味しかったから、おかわり!」ともう一度購入してくださる方がいて、とても嬉しかったです。

気になるお店をのぞいてみたり、品物を購入したり。色々と勉強させて頂きました。今後のお店営業にとっても良い栄養となった事と確信しております。

良い気持ちのお祭りでした。
 
 
 
 
  
[PR]
by takeogohan | 2015-03-17 23:01 | お店の記録

口 YOSのS 口 2015/3/1

本日、雨の営業日。
農村と里山の風景を音楽で奏でるバンド「YOS」さんのSさんがご来店。
その想いを奏でて下さいました。

c0201526_19415785.jpg

c0201526_19414479.jpg



これからも時々、お店に来て奏でてくれるそうです。
いつ来るのか、何人で来るのか。それはその時にしかわかりません。
出会った方、それはとても運が良い事だと思います。お楽しみに!


YOSさんのフェイスブックページ
https://www.facebook.com/yaotsa?fref=ts
 
 
 
 

 
[PR]
by takeogohan | 2015-03-01 19:46 | お店の記録

口 日本酒、ほろり 口 2014/7/3

先日、「日本酒のある食卓」と題して夜営業をしました。
今回ご用意した日本酒は知る人ぞ知る美酒「二人三脚」。
このお酒の原料となるお米を作ったのは、匝瑳市にて農薬や除草剤、化学肥料を使わずにお米や野菜を育てている「熱田農園」さんです。

最初の晩酌セットを出した後は自分も少し食卓に加わり会話に入れてもらいました。
食べ物が置かれた食卓を中心に、原材料を作った農家さん、料理した自分、口に運ぶお客さん・・・と、それぞれにとって最高の瞬間が生まれました。
c0201526_028661.jpg


晩酌セットに白米と味噌汁、二人三脚のロールケーキ、お土産に二人三脚を一本お持ち帰り!という内容でした。
お客さんの一人が「白米と味噌汁が一番美味しい~」と言ってくれ、その言葉を聞き熱田さんも自分も嬉しそうでした。


しっとりと、ホロホロと、夜は過ぎていきました。

----------------------------

二人三脚facebookページ
https://m.facebook.com/2people3legs
 
----------------------------
 
 
  
 
 
 
 
[PR]
by takeogohan | 2014-07-03 00:31 | お店の記録